【作業事例】富士通エアコンは、どこまで分解できるか?

富士通エアコン

富士通エアコンは楽にごそっと分解できます。

知っていれば、たいした作業でもないです。

今回は、愛知県の一宮市のお宅での富士通エアコン分解洗浄の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

一宮市で、エアコン分解洗浄

一宮市のお宅で、2008年製の富士通エアコンの分解洗浄をしてきました。

このタイプです。

富士通エアコン

今回のこのエアコン、数年前に業者にエアコンクリーニングを頼んだら、「カバーが外せません」と言われ、

この状態でエアコクリーニングをしてもらったみたいです。

富士通エアコン確かに、このメインカバーははずすのにコツが入りますが、さすがにこの状態ではキレイにできません。

さて、この富士通エアコンですが、

分解を進めると、簡単にこのように分解できます。

ドレンパンとファン

残った本体はというと、こんな感じです。

こんな状態です。

外した部品もこのように洗えると、スッキリしますね!

外した部品を丸洗い

ファンやドレンパンを乾燥中。

エアコン部品の乾燥中

キレイになりました。

キレイになったドレンパンやファン

富士通のエアコンは、どっかーんと分解できます。

部品をつけたままでも、エアコン高圧洗浄はできますけど、すべてのエリアに水圧は届きません。

テレビなどで、エアコン本体からドロドロとした汚れが流れでる光景が思い浮かぶと思いますが、あの汚れのほとんどはファンです。

ファンはキレイになりますが、その他の部品はキレイになりません。

富士通エアコンは↑ここまで分解できます。

いろいろなエリアに水圧が届きます。

ぜひ、外して洗ってもらいましょう。

これはもう少しあたらしい2011年製の富士通ノーマルエアコン。

こちらは江南市の戸建てのお宅での富士通エアコン分解洗浄の様子です。

これは、もろもろを外して熱交換器だけにした写真。

熱交換器の汚れ

エアコンの外した部品です。上の部品がドレンパンユニット。下の黒い横長の部品がクルクル回転するファン。エアコンの外した部品

それぞれアップしてみると、すごいカビ。黒い部品なのでわかりにくいけど、白っぽいカビも見られます。
ドレンパンユニットの汚れ

これはファンの汚れ。カビととホコリ汚れがひどいですね。
エアコンファンの汚れ

熱交換器本体は養生カバーをして高圧洗浄していきます。

熱交換器本体は高圧洗浄

うちでは外した部品も高圧洗浄してキレイにします。キレイになった部品

送風ファンもバッチリきれいになりました。キレイになったファン

熱交換器本体もキレイになりました。キレイになった熱交換器

富士通エアコンは、壁にかけたままなのに、かなり分解できる機種です。

ぜひ、富士通エアコンのエアコンクリーニング、お任せください。

名古屋北部、一宮、岩倉、春日井、小牧、北名古屋、江南、岐阜のエアコン分解クリーニングなら、ぜひお任せください。


絶対にやってはいけないエアコンの掃除方法
名古屋のエアコンクリーニング

エアコンクリーニング業者としてあれこれ思う事

スポンサーリンク
【作業事例】富士通エアコンは、どこまで分解できるか?
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事