【作業事例】panasonicエアコンの分解クリーニング洗浄方法のご紹介

私が実際に行ったパナソニックエアコンの作業方法をご紹介します。

ドレンパンもファンも外して洗います。得意のメーカーです。

↓愛知県一宮市でナショナル、パナソニックエアコン分解クリーニング

愛知県一宮市で、ナショナルエアコンの分解クリーニングをしてきました。
2007年くらいのよくみるスタンダードモデルエアコンです。

本体から外した部品です。

冷房や除湿で結露した水を受けるお皿をドレンパンと言います。下の写真で、上の横長の部品がそうです。
かなり汚れているのがわかると思います。ほこりとカビが繁殖して、水分を含むとこんな汚らしい感じにΣ(゚д゚lll)ガーン。ここはゴキブリの住み家となることもあります。
↑これらのカバー、ドレンパン、ファンなどの外した部品は、外や浴室をお借りして洗っていきます。

そして、エアコン本体はといと、このようにエアコンクリーニング時の専用の養生カバーをして洗う準備をします。

この時に使うのが、高圧洗浄機(動力噴霧器)です。

たまに聞くお話ですが、過去に頼んだ業者さんは、手動蓄圧の噴霧器というなんとも頼りない道具で洗浄したという話も聞いたことがあります。

通常は、ありえません!そんなやり方は表面の汚れを奥に押しやっているだけですね。

ファンの正式名称はクロスフローファンといいます。スッキリしましたね!

ちょっと濡れているのでぼやけてますが。

↓名古屋市でパナソニックエアコンの分解クリーニングをしてきました。

まだ比較的新しいモデルです。
冷暖房機能のみのシンプルエアコン。

エアコン本体の真下に脚立を立てて作業をします。

分解途中。ファンをはずします。

はずした部品。ほこりとカビとへどろもみえます。

外した部品は、今回は外で洗いました。

ファンもドレンパンもキレイスッキリ!

エアコン本体の熱交換機はこのようにカバーをかけて高圧洗浄

カビもほこりも何もかもキレイにしますよ。

ポツポツとした黒いカビ汚れも、

ばっりきキレイになりました。ちなみに、この部分、ファンを外さないとキレイになりません。

名古屋北部、一宮、春日井、小牧、北名古屋、江南、のエアコン分解クリーニングなら、ぜひお任せください。

パナソニック スタンダードモデルエアコンに関する、
他の作業事例のご紹介ページもあります。


絶対にやってはいけないエアコンの掃除方法
名古屋のエアコンクリーニング  

エアコンクリーニング業者としてあれこれ思う事

お問い合わせについて

年末年始のおそうじ受付について

お電話でのお問い合わせ

【090-8860-6687】受付AM9:00~PM7:00までご連絡ください。 ※当店への営業電話は固くお断りいたします。 電話でお問い合わせ

メールにてお問い合わせの方

下記のメールフォームをクリックしてください。 記入項目が多いですが、ご協力お願いいたします。 3日以内にお返事させていただきます。 メールよりお問い合わせ
当店の空き日程を知りたい方は、お電話にてお問い合わせください。メールフォームからですと、タイムリーな情報がお伝えできません。

何か感じていただけたらクリックして下さい。