【作業事例】小牧でPanasonicエアコンの分解洗浄~外した部品も高圧洗浄~

本日は、愛知県小牧市のある施設のパナソニックの家庭用エアコン分解洗浄をおこなってきました。

このタイプです。2011年製のスタンダードモデルエアコン。

Panasonicエアコン

いつも通り分解をはじめ、本体はこのように専用のカバーをして高圧洗浄。

熱交換器の高圧洗浄

これが外した部品です。

汚れたドレンパンとファン

今回は、この外した部品を洗った時の様子を紹介します。

スポンサーリンク

Panasonicエアコン~外した部品も高圧洗浄~

エアコンクリーニングでは、本体の洗浄と、外した部品の洗浄と、二場面の洗浄があります。

本体は洗浄のカバーで養生をして、その場で壁にかけたまま高圧洗浄で洗います。

熱交換器の汚れを除去するのがメインで、上記二つ上の写真もその最中です。

外した部品は、それぞれの環境によって洗う場所は変わりますが、僕は本体を高圧洗浄したあとに、そのまま部品も高圧洗浄で洗います。

【外した部品の洗い場所】

戸建てなら、外やベランダ。

合住宅なら、浴室を使用させていただきます。

今回は、ある施設の壁掛けエアコンで、外した部品は施設の外で洗わせていただきました。

外した部品を洗っています。

ドレンパンやファンなどの外したエアコン部品も、高圧洗浄で洗います。

これは、洗う前のドレンパンです。カビや他の細菌汚れで汚いですね。

汚れたドレンパンとファン実はこのエアコンも、去年の秋に別の業者さんにエアコンクリーニングしてもらっているみたいです。

分解していると、前の業者さんがどの程度まで分解したかわかりますが、前回はドレンパンはつけたままだったみたいです。

自分で作業していると分かるのですが、ドレンパンをつけたままだと汚れたまま作業を終了するのがわかっているので、こちらとしてもなんだかスッキリしません。

ドレンパンを外せる技術がある業者さんは、必ず外すと思います。

話がそれましたが…

↓キレイになりました。

キレイになったドレンパンとファン

外した部品も高圧洗浄でキレイに!

一般的には、外した部品は、拭き掃除やスポンジで擦ったりしてキレイにします。昔の僕もそうして洗ってました。

今では、ドレンパン、ファン、メインカバー、ルーバーなど、外した部品も高圧洗浄であらってしまいます。

外した部品も高圧洗浄

細かい部分もキレイになるし作業時間も短縮できるし、一度この洗い方をすると、元には戻れません。

ファンも、このようにして洗っていきます。

エアコンのシロッコファンを洗う

おうちの方がファンの汚れが気になり、吹き出し口に綿棒を突っ込んでキレイにするという話はゴロゴロしてます。

ですが、うまくいったという事例はゼロです。

中途半端にしかとり切れなかったので、ファンの残りカスが降ってくるようになってしまったという事例もあります。

めんぼうは果てしないので、ぜひ業者の高圧洗浄をしましょう。

名古屋北部、一宮、岩倉、春日井、小牧、北名古屋、江南、岐阜のエアコン分解クリーニングなら、ぜひお任せください。


絶対にやってはいけないエアコンの掃除方法
名古屋のエアコンクリーニング

エアコンクリーニング業者としてあれこれ思う事

スポンサーリンク
【作業事例】小牧でPanasonicエアコンの分解洗浄~外した部品も高圧洗浄~
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事