【作業事例】バスタブをひっくり返して洗う/トイレのタンクの中はこう汚れている

今回は、賃貸物件のバスタブをひっくり返して洗った時と、同じ部屋のトイレのタンクの中のお掃除をした時のお話です。

スポンサーリンク

バスタブをひっくり返して洗う

お風呂ですが、今でこそ追い炊き機能がついたお風呂が一般になりました。

一昔前は、バスタブがあって、そこに蛇口からお湯をためるのが一般的でした。

後者の場合は、バスタブをひっくり返して洗うことができます。

ひっくり返す必要があるの?と思われますが、ひっくり返さないと洗えない部分がたくさんあります。

この写真がそうです。ぼくが、掃除する前に、一通り業者さんのお掃除が終わっています。汚れているのは底面のみでした。

バスタブ清掃前

清掃後。

キレイになりました。

普通は、ここまでできません。今回、追い炊き機能がなかったのでひっくり返せました。

追い炊き機能がある場合もひっくり返してあらう業者さんもいます。すごい。

トイレのタンクの中はこう汚れている

おなじお部屋のトイレの手洗いタンクの中です。かなり古いタイプです。

タンクの中。

タンクふたの裏側。

手洗いタンクふたの裏

蛇口の付け根の汚れは落としにくいので、こうすると落としやすくなります。

蛇口付け根の汚れ

ここで手を洗う習慣ある場合は、タンク内部にばい菌が入るので汚れとして繁殖します。

トイレでも手洗い場が別で設置されていたり、ここでまったく手を洗わない場合は、中は汚れません。

清掃後。

手洗いタンクの中の洗浄後

ふたの洗浄後。

手洗いタンクふたの裏の洗浄後

築30年ほどの物件だったかな。

あまりに古いと、汚れと素地が同化してお掃除しても変化なしって場合があるから怖いんだけど、今回はよかったです。

スポンサーリンク
【作業事例】バスタブをひっくり返して洗う/トイレのタンクの中はこう汚れている
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事