エアコンが匂う時の改善方法は、こんなに簡単だった!

エアコンを運転すると匂い時がする時がある!

こんな現象ありませんか?もしかしたら、もう1℃温度設定を低くするだけで、改善するかもしれません。

エアコンが匂う主な原因は二つ。

エアコンが匂う原因は二つあります。今回は、↓後者の方のお話をさせていただきます。

一つは、(前者)

エアコンの内部がカビやその他の菌類で汚れていて、その匂い自体が降り注いでくる。

(これは、エアコン分解洗浄をする必要があります。)

もう一つは、(後者)…今回はここのお話をメインにさせていただきます。

夏場にだけ現れる現象で、エアコン内部が湿った後に乾燥する時に発生する匂いです。

これには、

①冷房温度を28℃~29℃と高めに設定している時…
②自動運転設定している時…
③冷房運転後の内部クリーン運転時…

などがあります。

洗濯物を室内乾しすると、その部屋は生乾きの匂いがしませんか?
あれは、洗濯モノに残っている湿った雑菌が乾くときに発生する匂いです。

エアコンでも同じことが起こります。

27℃以下の設定だと、エアコンは基本的には冷房機能が働いて常に湿っている状態です。

28℃、29℃設定の場合は、室内が十分に冷えていると判断されると、一時的に冷房機能がストップして(室外機が止まる)、エアコン内部が乾くタイミングになります。ファンは回転したままです。(送風状態)

その時に、臭いが発生しファンの回転によって室内にばらまかれます。

これは、室内空間を浮遊している微量な雑菌がエアコン内部に取り込まれ、それが湿る→乾燥するときにおこります。ですので、エアコンが乾くタイミングをなくしてあげれば匂いは発生しません。常に湿らせておけばいいのです。

ということは、温度設定を27℃以下に保ちます。自動運転はダメです。27℃以下が寒ければ、風向きを調節してあげて、風量を弱にします。これで運転中の生乾きの匂いは発生しません。

ですが、どうしても乾燥運転モードに入る時があります。
↑③です。

エアコン冷房運転を消すと、自動的に内部クリーン運転(乾燥モード)に突入した時です。

これは、内部クリーン運転設定を無にする必要があります。

こうするメリットといえば、はやり匂いを防ぐ目的です。

ただし、エアコンが湿ったままだと、カビが繁殖しやすくなるという欠点もあります。

どちらも改善しようとすると、やはり業者の分解洗浄をする…と言わざるを得ません。

まったく別の理由で匂う。

エアコンは、エアコン上部から室内の空気を取り込み、温度調節をして吐き出します。

室内上部の空気自体が匂うと、とうぜんエアコンの吹き出し口からの空気も匂います。

お香や、香水の匂いがするお部屋はご注意ください。

まとめ

匂いが気になる時は、室外機を確認してみて下さい。

音が止まっていれば、(ファンが回転していなければ)冷房運転がストップしている状態なので、ストップしないような温度設定を下げる必要があります。

今本的な解決にはなりませんが、一時的にでも臭いにおいを防げるかもしれません。

僕ら毎日エアコンクリーニングに携わっている人間でも、臭いの原因を特定するのは難しです。

ですが、今回のお話は、どこかで役に立つと思います。


名古屋のエアコンクリーニング  

エアコンクリーニング業者としてあれこれ思う事

エアコンが匂う時の改善方法は、こんなに簡単だった!
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

お問い合わせについて

お電話でお問い合わせの方

【090-8860-6687】受付AM9:00~PM7:00までご連絡ください。 ※当店への営業電話は固くお断りいたします。 電話でお問い合わせ

メールにてお問い合わせの方

下記のメールフォームをクリックしてください。 記入項目が多いですが、ご協力お願いいたします。 3日以内にお返事させていただきます。 メールよりお問い合わせ
当店の空き日程を知りたい方は、お電話にてお問い合わせください。メールフォームからですと、タイムリーな情報がお伝えできません。

何か感じていただけたらクリックして下さい。