【作業事例】浴室鏡の黒いポツポツ汚れは何?? in 春日井市

浴室鏡の黒い汚れ

浴室の鏡は、普通は白いウロコ汚れで悩む方がほとんどです。

ですが、まれに黒い汚れがあります。

上の写真で、中央上部やや右よりに黒い凹模様がありますね。これです。見にくいですが、他にもポツポツとした斑点もあります。

その正体は??

スポンサーリンク

浴室鏡の黒い汚れの正体。

それは、鏡裏側の銀/銅メッキ塗装の腐食:サビです。

鏡の構造は、

ガラス表面裏側に、鉛や銀メッキ塗装、耐食、耐久性コーティングを施してあります。

それらが「経年劣化」「接着剤、両面テープのいたずら」「アルカリや酸などの洗剤分の悪影響」などで腐食がおこります。

浴室鏡の黒い汚れ

↑今回のこの凹模様は上側のガラスを留めている両面テープが何かいたずらした腐食だと判断できそうです。

こうなると…

いくら鏡表面を磨いてもまったく効果はありません。

改善策は鏡の交換のみとなります。

この腐食、鏡業界では腐食性欠陥「シケ」と呼ぶそうです。

ちなみに…

ガラスの汚れ除去後です。しろい汚れはキレイさっぱりになりましたが、腐食はもちろんそのままです。

浴室の鏡磨き後

これは、鏡に当たりはずれがあると感じます。

長年異常なしの鏡もあれば、新築2年ほどで異常が見られるケースもありました。

早期に異常が見られれば住人側に原因はないので、施工会社に問い合わせてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク
【作業事例】浴室鏡の黒いポツポツ汚れは何?? in 春日井市
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事