エアコン簡易クリーニングとエアコン分解クリーニングの違い

日立エアコン分解クリーニング

我々業者のエアコンクリーニングには二通りの方法があります。

一つは、簡易クリーニング。

表面のメインカバーを外して、あとは濡れてはいけない部分を避けて高圧洗浄する方法。

もう一つが分解クリーニング。

電気部品やドレンパン、ファンも外して洗う方法。当然、話を持ち出すからには当店はこちらのタイプです。

今回は、愛知県一宮市のお宅でパナソニックのお掃除機能付きエアコンを分解クリーニングしてきました。その時のお話です。

1年前に、某大手さんでクリーニングをしてもらってます。

一宮市でエアコンクリーニング

本日は、愛知県の一宮市でパナソニックお掃除機能付きエアコン分解洗浄。

分解を進め、メインカバーを外します。そうすると、内部の汚れ方がおかしいことに気づきます。

エアコンフィルターを外せば、内部のシルバー色のアルミフィンが露出します。そこはキレイ。

しかし、部品が邪魔をしている部分だけ、汚い。

上の写真で、左側の黒いL型部品の奥がそうです。

これは、過去にエアコン洗浄業者さんによる分解クリーニングではなく、いわゆるエアコン簡易クリーニングの跡です。

お客様に聞いてみました。

私「過去に業者さんの分解クリーニングをされたことはありますか?」

お客様「はい、去年のいまごろ〇〇さんにしてもらいました。分解ではなかったですけど。」

想像通りです。

部品を分解していくのは技術が必要です。

エアコンクリーニングには資格も何も必要ありません。繁忙期などにはアルバイト君やシルバーさんが作業者としてやってくることもあります。

今回もそのような感じでした。

一宮市でエアコン分解中

分解するとよりはっきりとその様子がわかります。

上の写真で黒い部分は去年のクリーニングでは手つかずのエリアです。外さなかった部品が邪魔をして掃除ができなかったのです。

鏡は裏の様子を見ています。とうぜん、まったくの手つかず。

エアコンって、正面にアルミフィンが見えますが、実は同じものが裏側にもあります。そこも高圧洗浄しないといけません。

ドレンパンやローラー、その他の汚れ具合。

ドレンパンやファンの外した部品

奥でクルクル回っているローラー(ファン)や、ドレンパンを外してみました。

やはり汚れています。

ローラーは分解しないでも汚れているかどうかは確認できますが、ドレンパンは分解してみないとどのような汚れ具合かわかりません。

これは、ファンを抜いた後に、エアコン本体を下側から撮ってみました。奥の方に黒いカビが見えます。

エアコン本体の奥の様子

ここまで分解すれば、ずいぶんキレイにできます。

エアコン本体の高圧洗浄

キレイになる度合いを数字で表します。

ここからは、あまり表に出てない情報です。

エアコンクリーニング前の「汚れ具合を10」「キレイ具合を0」とすると…

簡易クリーニングでは10→6~5までしか回復しません。

分解クリーニングでは10→3~2まで回復します。

のこりは、エアコン自体を取り外さないとキレイにならない部分です。

取り外すと、やはりそれなりの料金がかかりますので、予算とのご相談になりますね。

名前が売れている=キレイにしてくれる…ではありません。

安心感はありますが、それだけです。

実は…昔の私が簡易クリーニングタイプでした。

当時はまだ分解技術がなかったのです。

作業しながら、「キレイにできてないな」と思っていましたから。

今では自信をもってキレイにします!と言えます。

エアコン簡易クリーニングとエアコン分解クリーニングの違い
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

お問い合わせについて

お電話でお問い合わせの方

【090-8860-6687】受付AM9:00~PM7:00までご連絡ください。 ※当店への営業電話は固くお断りいたします。 電話でお問い合わせ

メールにてお問い合わせの方

下記のメールフォームをクリックしてください。 記入項目が多いですが、ご協力お願いいたします。 3日以内にお返事させていただきます。 メールよりお問い合わせ
当店の空き日程を知りたい方は、お電話にてお問い合わせください。メールフォームからですと、タイムリーな情報がお伝えできません。

何か感じていただけたらクリックして下さい。