【エアコン分解クリーニングの作業事例】 2021年夏:名古屋市中区にて、ダイキンのエアコン洗浄の様子。

本日は、名古屋市中区でダイキンのエアコン分解クリーニングをしてきました。

ダイキンのフィルター自動お掃除機能付きエアコンです。

ダイキンのフィルター自動お掃除機能付きエアコンは、大きく2種類に分かれます。(2022年現在)

うるさら7とかXとかいう最上位モデルと、それ以外。

今回は後者のそれ以外です。

※現在、ダイキンエアコンの最上位モデルはお受けしていません。

分解クリーニングの様子

リビングにあるエアコンで、多少油を含んでいました。

手前のカバーをあけるとこんな感じになっています。右側に電気部品というモデルです。

フィルターのホコリを自動でダストボックス内に集めてくれます。でも、油汚れは自動では無理です。

エアコンの内部は黒いカビ汚れがポツポツと。

エアコン本体はこんな感じで養生します。

汚水はバケツに集まる仕組みです。

これは外した部品です。今回はバルコニーに水道の蛇口があったので、ここで洗わせていただきました。集合住宅でベランダ、バルコニーに水道がない場合は、浴室で洗わせていただきます。

これはファンの汚れです。だいたいこの汚れを見てエアコンクリーニング業者を探す方が多いですね。ひどくなると、運転すると汚れが降ってきます。エアコンの下に黒いカスが落ちたり、まったりしていれば、ファンの汚れが回転の遠心力で剥がれていると思ってください。

でも、全部は剥がれませんよ。運転していれば全部剥がれなくなる…こんな都合のよい方向には向かいません(^^;)

これはエアコン本体の熱交換を高圧洗浄しています。

これはファンを高圧洗浄しています。

外した部品を日向ぼっこです。

ファンもキレイになりました。へんな筋は、もともとの模様です。

お伝えごと

業者さんのエアコンクリーニングと言っても作業方法はさまざまです。

・エアコンをいったん壁から取り外して洗うオーバーホールという洗浄方法もあります。(当店ではおこなっていません。)

業者選びのポイントは、どこまで分解してくれるかです。

僕も得意なメーカー、不得意なメーカーがあります。

ダイキンはどちらかというと苦手です。

でも、一度お問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました