【エアコンクリーニング日記】岩倉市でパナソニックのお掃除機能付きエアコン分解クリーニングの様子。

本日は愛知け岩倉市でパナソニック製のお掃除機能付きエアコンの分解洗浄をしてきました。

2011年くらいのお掃除機能付きですが、非常にシンプルなタイプです。

普通のエアコンにフィルター自動掃除ユニットが乗っかっているだけ。

これがそのエアコンです。外観も普通のシンプルなエアコンです。

フィルター自動掃除中に少し異音がする

まず、フィルター自動掃除の試運転をすると、途中から何やら音がします。

確認してみると、左右の取り付けられるフィルターのうち左側がしっかりハマっていませんでした。※写真はわざと大きく外してあります。

パナソニックにかぎらずフィルター自動掃除機能付きエアコンでも、時々フィルターを外して掃除する必要があります。

ただ、中には取り外し、取り付けが非常に難しいメーカーなどもあります。

今回のこのパナソニックエアコンは簡単な方ですが、少しはめ込みが甘かったようですね。

エアコン分解中はスマホカメラが欠かせません。

では、分解クリーニング開始。

お掃除機能付きエアコンになると、配線が多くなります。

外したはいいが、取り付けられなくなった!という事にならないように、分解を進めながら要所要所で写真を撮って置きます。

これが外した部品です。外からではカバーがしてあるのでキレイですが、内部はカビだらけですね。

本体の汚れはこんな感じ。

この汚れはファンを外さないと綺麗にできません。

ファンをアップするとこんな感じ。

エアコン分解後は高圧洗浄

分解をして洗浄する準部ができたら、高圧洗浄を開始します。

写真はタンクの中に洗浄液を作っている途中です。

エアコン本体の熱交換器を洗浄中。名古屋 パナソニック Panasonic お掃除ロボエアコン 分解クリーニング 犬山 ドレンパン ファン ローター シロッコ

外した部品も高圧洗浄していきます。ファンの高圧洗浄

これが洗浄後。きれいになりました。

これは本体を拭いている場面です。

フィルター自動掃除機能付きエアコンも汚れる

よく勘違いをされている方がいます。

「うちのエアコンは自動掃除機能付きエアコンだから自動で掃除してくれる」

これは、とーっても間違いです。

自動で掃除してくれるのは、フィルターのみ。

しかも、完璧ではありません。

特にリビングエアコンは、油汚れも付着しますから、そうなるとフィルターも自動掃除してくれてもまったくキレイになりません。

内部のカビの発生などですが、通常のエアコンが3年で汚れるなら、自動掃除機能付きエアコンも3年で汚れます。

エアコンは勝手設置すればそれで終わり、というわけにはいきません。

テレビや冷蔵庫などは表面掃除をするだけでOKですが、エアコンは必ず分解クリーニングが必要になると思ってください。

湿熱除菌?凍結除菌?

最近では、富士通や日立が熱交換器が汚れても、水分を発生させて汚れを洗い流す、というCMを流しています。

確かに熱交換器はこれで汚れが軽減された印象はあります。

ということで、ここも自動掃除してくれる、と言ってもいいかもしれませんね。

ただし!!

内部の風を発生させるファンだけは、やはり汚れます。

現時点(2021年)の最新エアコンでもファンは汚れます。

 

エアコン分解クリーニングぜひお任せください。↓

タジマクリーンサービスのエアコンクリーニングページに行ってみる。

タイトルとURLをコピーしました