【玄関タイルのもらいサビ落とし方法】傘立てのサビ後、缶の丸いサビ後などは、サビ取り洗剤が必要です。

玄関に何かのサビあとをつけてしまった。

一番多いのは金属製の傘立ての跡です。

その他にも、鉢を置くための金属製の入れ物だったり、蚊取り線香を置きっぱなしにした後だったり、金属製のものを直接玄関タイルに置いておくと、いつの間にかサビが発生しています。

そういったサビは、どうやって落とせばいいのだろう?

こんな経験ありませんか?

もしくは、まさしく今その悩みで困っている方いませんか?

今回は、そんな玄関タイルに発生させてしまったサビの落とし方について、ご紹介します。

サビ落としには、サビ落とし材が必要になりますので、その商品もご紹介します。

スポンサーリンク

玄関タイルのサビの正体とは?

玄関タイルは陶器である場合が多いです。

陶器は錆びません。ですので、玄関タイルのサビは正確には何かからの「もらいさび」です。

玄関タイルに置いていた金属製のモノが錆びたときに、サビだけがタイルに移ったのです。

金属は空気や水に触れると酸化し腐食します。腐食とは、物質が自然界に戻ろうとする化学反応です。

この腐食反応により、金属表面は黄色、赤色、茶色となります。

これが、玄関タイルと接していると、色素をはじめ溶けだした鉄もタイルに移ります。

こうして、玄関タイルにもらいさびが発生するのです。

玄関タイルのサビ落としに最適な洗剤をご紹介。

玄関タイルのサビ落としに、お気に入りのサビ落とし材があります。

それが、リンダというメーカーのサビ落とし材です。

主成分が、チオグリコール酸アンモニウムという物質でできています。中性なので安全です。

スプレイヤータイプで購入できますので、そのまま使用できます。

玄関タイルのサビ落とし実例

では、実際に私がこのサビ落とし材を使用して、玄関タイルのサビを落とした時の様子をご紹介していきます。

玄関タイルサビ落とし実例1

こちらは、あるお宅の玄関の外タイルです。何の跡かはわかりません。丸かったりすると、ジュースの空き缶だったり、何かのスプレー缶という場合が多いです。玄関タイルのサビ落とし

見た瞬間に、サビ色だと分かりました。※サビでない場合は、サビ落とし材では反応しません。

実際にサビ落とし材を塗布してみました。塗布すると、徐々にサビが紫色に反応します。玄関タイルのサビ落とし
※私は、紹介したサビ落とし材をさらに小ボトルに移し替えて使っています。これは好みです。

その状態で、数分間放置しておきます。そうすると、どんどん紫色になっていきます。玄関タイルのサビ落とし方法

水で流してみました。そうすると、ほぼ錆びた落ちました。しかし一部だけサビが残ってますね。写真中央の短いラインです。ここだけ、サビが強かったようです。玄関タイルのサビ落とし方法

もういちど、同じことを繰りかえします。

サビ落とし材を塗布します。玄関タイルのサビ落とし方法

しばらく待って、ふきとってみました。

完全に落ちました。
玄関タイルのサビ落とし方法

今回は玄関タイルのサビ落としについて書きました。

ほかに、浴室にもヘアピンのもらいさびなどが発生します。同じようにやって上手くいく場合と、逆におかしくなる場合もありますので、浴室で使用する時は、自己責任でお願いします。

関連記事
【玄関タイルのもらいサビ落とし方法】傘立てのサビ後、缶の丸いサビ後などは、サビ取り洗剤が必要です。
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク