【作業事例】エアコン分解クリーニング|富士通スタンダードモデル

こちらのページでは、私が過去に行った、富士通エアコン(スタンダードモデル)の分解クリーニングの様子をご紹介します。

もし、私に依頼していただいた場合は、このように作業いたします。

ご参考にして下さい。

スポンサーリンク

富士通エアコンの特徴

富士通エアコンは、他メーカーにはないある特徴があります。

それは、壁にかけたままでも、ものすごく分解して洗えるという事。

通常の持ち帰りクリーニングが、壁にかけたままできるのです。

あとでも同じ画像を乗せますが…これがその状態です。壁に残っているはアルミフィンの熱交換器だけ。
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

他メーカーだと、
キレイになった熱交換器アルミファンの熱交換器の下に、ケーシング(熱交換器を支えているパーツ)がありますが、これは容易に外せません。ですので、汚れが残りやすくなります。

富士通の場合はケーシングが外せるので、かなりキレイになると言えます。

ですが!

このようにケーシングを外すのには技術が必要です。

富士通ははずせるメーカーだからといって、すべてのエアコンクリーニング業者さんが外せるわけではありません。

この名古屋地方でも、一部のクリーナーさんだけです。

私もその一人です。

これから書く記事をご覧になって、ぜひご検討ください。

富士通エアコン完全分解クリーニング(江南市など)

先にも書きましたが、エアコンの基本的な構造はどのメーカーも同じです。

ただ、やっぱり各メーカーの特徴がありまして、分解できるタイプ、できないタイプがあります。

そして、富士通エアコンについてですが、

富士通エアコンは、壁にかけたままでもものすごく分解できます。

江南のこの富士通エアコンや
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

別のお宅だけど、このデザインの富士通エアコン
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

表面の化粧カバーを外すとこんな感じなんですけど、
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

実際にはここまで分解できます。
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す(私はここまで分解します。)

富士通エアコン熱交換器壁にかけたまま高圧洗浄中です。

もちろん周りに飛び散ったりしないように専用のカバーをかけています。
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

本体から、ごそっと外した一体型ドレンパンやファン。
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

これらは、ベランダで高圧洗浄します。
※戸建ての場合は外スぺースやベランダ、バルコニーで洗います。
※マンションなどの集合住宅の場合は、浴室をお借りして洗うこともあります。
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

外して洗った部品を、乾かしています。富士通エアコン、キレイにできました!
エアコン分解クリーニング 富士通 ドレンパン ファン 外す

2011年製の富士通ノーマルエアコン。

こちらは江南市の戸建てのお宅での富士通エアコン分解洗浄の様子です。

これは、もろもろを外して熱交換器だけにした写真。熱交換器の汚れ

エアコンの外した部品です。上の部品がドレンパンユニット。下の黒い横長の部品がクルクル回転するファン。エアコンの外した部品

それぞれアップしてみると、すごいカビ。黒い部品なのでわかりにくいけど、白っぽいカビも見られます。
ドレンパンユニットの汚れ

これはファンの汚れ。カビととホコリ汚れがひどいですね。
エアコンファンの汚れ

熱交換器本体は養生カバーをして高圧洗浄していきます。熱交換器本体は高圧洗浄

私は外した部品も高圧洗浄してキレイにします。キレイになった部品

送風ファンもバッチリきれいになりました。キレイになったファン

熱交換器本体もキレイになりました。キレイになった熱交換器

富士通エアコンは、壁にかけたままなのに、かなり分解できる機種です。

ぜひ、富士通エアコンのエアコンクリーニング、お任せください。

【作業事例】エアコン分解クリーニング|富士通フィルター自動お掃除機能付きタイプ
こちらのページでは、私が過去に行った、富士通制のフィルター自動お掃除機能付きロボットエアコンの分解クリーニングの様子をご紹介します。 もし、私に依頼していただいた場合は、このように作業いたします。 ご参考にして下さい。 エアコ...

>>エアコン分解クリーニングのメインページへ行ってみる

タイトルとURLをコピーしました