【トイレ便器、尿石のお掃除方法】強力な洗剤は何??

ツヤツヤのトイレの便器

トイレの汚れはいろいろあります。床のほこり汚れ、カビ汚れ、水垢汚れ…

一番厄介なのは水垢汚れですね。その中でも、トイレ特融に発生する水垢汚れがあります。

尿石汚れです。水道水のミネラル分とおしっこの尿成分が融合した汚れです。

とても硬い汚れで、目に見えて尿石汚れが発生してしまった場合は、尿石を溶かしてくれる洗剤が必要です。

こちらのページでは、尿石落としの洗剤について書いていきます。

絶対にやってはいけない水回りのお掃除方法

オススメの尿石落とし洗剤は?

尿石を落とすのに有効な成分は「塩酸」です。ですので、塩酸を含んだ洗剤をチョイスします。

市販だと、一番右側に移っている洗剤「キバミ取り」がオススメです。業務用強力洗剤と、うたってあります。尿石汚れの落とし方

ホームセンターで購入できます。一部の薬局でも見たことがあります。

尿石汚れの落とし方手順

では、実際にこの尿石落とし洗剤を使用して、尿石汚れを落としていきましょう。

①タッパーに洗剤を出す。

この洗剤は、容器に入っているだけです。そのままでは使用しずらいので、タッパーに取りましょう。タッパーは100円均一に売っているようなものでいいです。尿石汚れの落とし方

②刷毛を用意し、尿石落とし洗剤を尿石汚れが気になる部分にタップリ塗る。

尿石汚れが気になる部分に、洗剤を塗り込みます。この時に活躍するのは刷毛です。尿石汚れの落とし方

刷毛はホームセンターの塗装用品コーナーに売っています。安いのは、毛が薬品に弱く使い捨てになるかもしれません。

軽い尿石なら、刷毛で塗っている最中に溶けていくのがわかるくらいですよ。

なんども刷毛で塗ってみて、それいじょう溶けなくて残った尿石汚れ、これはやっかいです。

③塗った尿石汚れ洗剤を乾かさないようにする。湿布法ですね。

尿石汚れの落とし方

洗剤は、尿石用洗剤にかかわらず乾くと効果がなくなります。ですので、塗ったら乾かさないような工夫が必要です。

【おすすめ掃除方法】サランラップでの湿布法の危険性について。
最近は、おそうじブームと言ってもいいでしょう。 メディアでも、おそうじ方法が沢山紹介されていますし、ホームセンターや薬局にも数々のおそうじアイテムが陳列されています。 おそうじには、おそうじ道具の知識も必要ですが、同時に...

トイレお掃除の場合は、備え付けのペーパーをそのまま使用します。

ペーパーをかぶせたら、その上からも尿石用洗剤を塗布できるといいですね。

そして、便座のふたをしめ、1時間ほど待ちます。

④尿石汚れをこすってみましょう。

1時間ほど湿布をしたら、ペーパーを剥しましょう。そして、こすってみます。

こする道具は何でもいいです。歯ブラシでもいいです。

そうすると、黄色い汚れがそれほど力を入れずとも取れると思います。

まだ完全に尿石汚れを落ちない場合は、①~④を繰り返しましょう。

 

 

⑤クレンザーも効果的

黄色い尿石汚れが落ちても、指でなぞってみると、まだざらつく場合があります。

その汚れは、クレンザーで落としましょう。重曹でもいいです。

少し硬めのスポンジを使用してもかまいません。便器は丈夫ですから。

プロはどうやって尿石汚れをお掃除するの?

我々プロは、さらに強力な尿石除去用洗剤を持ち合わせています。

今回ご紹介した「キバミ取り」は塩酸濃度が9.5%です。

プロの尿石除去洗剤は、塩酸濃度が20%~30%になるものもあります。

劇物指定になりますので、一般の方では購入できませんが。

また、こする道具も違ってきます。

研磨力が強いのに、素材にキズをつけにくい、という魔法のスポンジもありますから。

注意事

キバミ取りは酸性洗剤です。便器以外には付着しないように使用して下さい。

床にこぼしてしまったら、何らかの跡が残ります。

また、便器が古く細かくガサガサになってしまっている場合、完全には落ちません。

また、ホームセンターなどで購入できるサンドペーパーやダイヤモンドブロックの使用もオススメできません。研磨力が強すぎて、便器表面を傷めます。

基本は、尿石除去剤で汚れを緩め、クレンザーで仕上げる、という流れです。

※強い洗剤を使用したくないという場合はクエン酸で代用できます。

【クエン酸で水垢のお掃除実験】現役ハウスクリーナーが生レポート!
今流行りのナチュラル洗剤。 重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム(オキシクリーン)、石鹸などなど。 これらのナチュラル洗剤でのお掃除、連日メディアや書籍で見かけます。 今ではすっかりお掃除タレントとし...
タイトルとURLをコピーしました