【作業事例】江南市で富士通ノクリアZシリーズのエアコン分解クリーニング

2015年くらいから、富士通エアコンでは、最高級モデル機種としてノクリアZが発売されました。

エアコン両サイドに通常のエアコンにはないファンがあり、そのデザインに大きな特徴があります。大々的にCMを流していたのもあり、誰もが見たことのあるエアコンだと思います。

それがこのエアコン。

富士通ノクリアZシリーズ

今回は、愛知県江南市のお客様宅で、このノクリアエアコンを分解洗浄した時の様子をご紹介します。(半分、エアコンクリーニング同業者向けに書いてます。)

スポンサーリンク

では、いきます。

①正面開閉グリス、②フィルター関係、③正面メインカバーと④両サイドの送風ファンを外したところです。

電気部品がびっしり。複雑すぎです。

冷暖房機能のみのシンプルエアコンは大半が熱交換器がしめていましたが、最近のエアコンは大半が電気部品が占めている、そんな見た目です。

ノクリア内部

ちなみに、このエアコンの電源ケーブルは、写真にある基盤ではなく、写真では外してある右側の送風ファンユニットにつながっています。

このエアコン、フィルターを自動で掃除してくれる機能が付いています。それが、この写真。このユニットにも電気部品がたくさんついています。

お掃除ユニット

これが両サイドについている送風ファンを分解した内部です。2015年製ですので、2年ほどでこの汚れ。この部品に限らず、回転する部品に汚れが付着すると、風量が落ちます。ひどくなると、回転しているのに全く風が出ないケースもあります。

両サイドのファン

これが、エアコンの半分の大部分を占めているユニット。メインファンとドレンパンです。このエアコンもこのように分解できます。このユニットには上下左右に風向きを調節するモーターや、メインファンを回転させるモーターがついています。それらは洗って濡らしてはいけないので、外します。

富士通エアコンのファン

複雑なエアコンほど配線が多くなり、分解したはいいが戻せなくなるなどもリスクもあります。そうならないように、どこにどの部品が付いていたのか、どういう配線の流れだったかを写真で取りながら作業を進めていきます。

配線確認のための写真

これが、外して丸ごと水洗いする部品。今回は戸建てでしたので、外のテラススペースを使わせていただきました。

エアコンの外した部品

これらの外した部品は高圧洗浄していきます。ひどいカビは高圧でも落ちないので、カビ取り洗剤を併用してきます。

外した部品の高圧洗浄

本体はこのようになっています。このエアコンものすごく熱交換器が分厚かったです。正面から打った(高圧洗浄した)だけでは従来の家庭用エアコンポンプではパワー不足です。

ノクリアZシリーズ本体の汚れ

本体もカバーをかけて高圧洗浄していきます。

本体の高圧洗浄

これは外した部品の乾燥中。

キレイになった部品

両サイドの送風ファンもキレイに戻りました。この送風ファン、かなりの風量があります。

デザイン重視の、装飾部品かと思っていましたが、実際にはこの大きさから感じる以上の風量です。

ちなみに、ここはただの送風機能のみです。ここから、冷暖房時の風が出るわけではありません。

キレイになった送風ファン

このエアコン分解クリーニングは、内部までキレイにしようと思うととても難易度の高いエアコンと言えます。

表面だけ洗浄する従来のエアコンクリーニングもしかり。その状態に持っていくまでも厄介だと感じます。

やはり両サイドのファンがポイント。これを外すのが第一段階ですが、それも難易度高めです。

エアコンクリーニングの技術レベルは作業者によってずいぶん異なりますが、このエアコン、自信のない方はムリに手を出さない方がいいのではないかと思いました。

今回、まだこのエアコンの分解クリーニングに不慣れなのもあって5時間近くかかりました。ただし、慣れても、今までの富士通お掃除エアコンが3時間で終わるとしたらこのエアコンは3時間半~4時間かかると思います。(熟練作業者1名でも)

余談ですが、富士通のエアコンはあいかわらず内部の汚れ方が独特です。熱交換器に膜を張る感じがあり、汚れると風量が落ちそうです。

スポンサーリンク
【作業事例】江南市で富士通ノクリアZシリーズのエアコン分解クリーニング
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事