トイレの便器と便座(ウォシュレット)の隙間のおそうじ方法について

トイレ便座の外し方

トイレのおそうじで、気になる部分は、

1、便器の水垢(さぼったリングなど)
2、ウォシュレットのノズル部分
3、便器とウォシュレットの隙間部分
4、手洗いカウンター洗面ボールの汚れ
5、便器上部の手洗いタンクの内部

が多いでしょう。

このページでは、3番の便器とウォシュレットの隙間部分のおそうじ方法についてご紹介します。

おそうじと言っても、その前段の便器とウォシュレットの隙間をどう作るか?という→ウォシュレットのリフトアップに特化して書いていきます。

おそうじというより、ウォシュレットの持ち上げ方ですね。

スポンサーリンク

トイレの便器とウォシュレットの隙間の汚れ、気になりませんか?

トイレ掃除をするとき、便器とウォシュレットの隙間の汚れ、気になりますよね。

どうやったらお掃除できるのでしょうか?

最近では壁掛けの操作リモコンのボタン一つで、ウォシュレットが持ち上がり簡単にお掃除できるタイプが主流です。

でも、それができなかったり、一昔前のタイプは、手動でウォシュレットごと外さなければなりません。

メーカーや機種によって持ち上げ方が変わります。

これから、私が経験したタイプでご紹介していきます。

ウォシュレットの右側についているレバーをチェック!

これはだいたい2010年ほどのTOTOのウォシュレットです。

このウォシュレットの場合は、右側にレバーがあります。赤丸の部分です。

右手人差し指でこのレバーを押しながら、左手はウォシュレットの左側を持ち、ウォシュレット事態を手前に引き出します。

まっすぐ手間に引いてください。
斜めになってたりすると、うまくずらせません。

このようにずらせます。

ウォシュレットを取り外す

そうすると、
ウォシュレット

奥の部分の手が届かなかった汚れも簡単にふき取れます。

ウォシュレット事態もあるていどひっくり返せます。ばっちり拭き取れますね。
こうすると、脱臭フィルターも簡単に取り外せますので、取り外して洗ってしまいましょう。

※脱臭フィルター…知らない方がほとんどだと思いますが、ウォシュレットには悪臭を吸ってくれる機能があります。その脱臭ユニットのフィルターです。通常は見える位置にありません。取扱説明書を確認してみましょう。

ウォシュレットをひっくり返す

元に戻す方法ですが、
カチャっと音がするまでウォシュレゥトを押し込みます。右側のレバーを押す必要はありません。

位置があっていればすんなり入ります。

入らない場合はムリには押し込まないでください。

別タイプもご紹介

ウォシュレット

このタイプも右側にレバーがあります。

引っ張るタイプではなく押し込むタイプです。二つそれらしきレバーがありますが、奥の方です。
ウォシュレットのレバー

レバーを右手人差し指で押し込みながら、左手もウォシュレゥト左側に手をかけて手前に引っ張り出します。
ウォシュレットの取り外し

別のレバー操作タイプ~リフトアップ~

タンク一体型のウォシュレットがあります。

トイレリフトアップ

このような場合は、タンク、ウォシュレット、便座が一体で外せます。

外せるというか、上に持ち上がり、隙間のお掃除が可能となります。

やはり、右側にあるレバーを押す、または引くをしながらタンクを両手で上に持ち上げます。

リフトアップといいます。

このように、手前ではなく、上に持ち上がるタイプもあります。

取扱説明書を確認してみましょう。

ボタン一つで持ち上がるタイプ

トイレの壁面に取り付けてあるリモコンを操作します。

・正面についているタイプ正面の操作ボタンカバーを開けると見つかるタイプ
・リモコンを壁から外し、その裏側を操作するタイプ
・ウォシュレット自体にボタンがあるタイプ

これは、INAXのシャワートイレ(ウォシュレット)のリモコンです。

シャワートイレのリモコン

このリモコンは、上に引き上げると外せます。シャワートイレのリモコン外し方

裏側に隠しボタンがありますね。ここに、便座を持ち上げるボタンがある場合もあります。シャワートイレのリモコン裏側

ご自宅のトイレの取扱説明書に載っています。

取扱説明書が見当たらない場合は、この自体インターネット上でも見られます。

おつかいトイレ機種の「型番」※だいたい、便座ふたを開けた裏側に記載されています。

「取扱説明書」

と検索すると、たどり着けると思います。

INAXの別タイプのボタン一つでリフトアップ

これはINAXのサティスというトイレ。

INAXのサティス

リモコン部分に『本体そうじ』というボタンがあります。これを推すだけで、ウォシュレゥトが持ち上がってくれます。

INAXのトイレ サティス

レバー操作でウォシュレットの手前だけ隙間ができるタイプ①

便器の隙間のおそうじ方法

これは2016年製くらいのTOTOのウォシュレット。

右側にこんなレバーがありまして、これを引っ張り時計回りにまわすと、ストップする位置があります。

この状態になると、ウォシュレゥトの手前部分だけ持ち上がり、便器との隙間ができます。

この状態になれば、隙間のお掃除ができますね。

でも、ウォシュレットごと取り外せるわけではないので、じゃっかんお掃除はしにくいです。

レバー操作でウォシュレットの手前だけ隙間ができるタイプ②

これも、2017年のTOTOトイレ(ネオレスト)です。

ウォシュレットと便器の隙間

丸枠のボタンをおすと、ウォシュレットの手前だけ持ち上がるタイプです。上記と似ていますね。

この状態が、ボタンを押すと、

便器の隙間のおそうじ

手前だけ持ち上がります。これで、お掃除できますね。

便器の隙間のおそうじ

何をしてもウォシュレットが持ち上がらないタイプ

中には、

持ち上げるボタンもない
ウォシュレット本体にレバーすらない

という持ち上げることができないタイプもあります。

そうなると、残念ですが便器との隙間のお掃除はできません。

まずは、取扱説明書を確認してみて下さい。載っていなければ、持ち上がりません。(リフトアップできません。)

ウォシュレット自体を取り外して洗う事となりますが、なかなか難しいでしょう。

スポンサーリンク
トイレの便器と便座(ウォシュレット)の隙間のおそうじ方法について
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事