ハウスクリーニングでも使用できる、カー用品アイテム

最強のお掃除アイテムタイトルだけ見ると、??となると思いますが、

実はカー用品(カーボディのメンテナンス用品)は家のお掃除でとても活躍します。

想像してみればわかりますが、カーボディウォッシュは傷をつけてはいけない繊細なおそうじと言えますね。

ハウスクリーニングでも、当然キズをつけたくないです。

ハウスクリーニングアイテムで車用品に使用できるのは、あまりありませんが、

カー用品アイテムではハウスクリーニングで使用できるアイテムがあります。

その道具をご紹介。車のメンテナンスが好きなご主人であれば、もっておいても一石二鳥アイテムがたくさんです。

スポンサーリンク

コンパウンド

今回はカーボディに傷がついた時に目立たなくするためのアイテム、コンパウンドについて書きます。

車ボディケアのコンパウンド

コンパウンドとは、微粒子で素材を磨き上げる道具です。固形だったりクリーム状態だったりします。

ハウスクリーニングで大活躍する場所は、艶のある樹脂製品や、艶のある素材全般です。

・樹脂製の券面化粧台
・浴室の艶のある壁面
・浴室の給湯器デジタル素材の透明表面カバー

他にも、使い道は多々あります。

オススメは、写真中央の液体コンパウンドが扱いやすくていいです。

磨く道具は、食器洗い用のスポンジでいいでしょう。

ただし、ものすごく艶がある素材の場合は、もしかして艶がなくなるかもしれませんので注意して下さい。

撥水剤

撥水剤

車ボディに吹きかけたり、洗車時に撥水効果のあるカーシャンプーなどを使用すると、清潔感がありますね。

その道具も、家の水回りの設備で使用すると、とても心地いい水の流れ方をします。

浴室のバスタブや、洗面化粧台の洗面ボール部分、トイレの便器部分などですね。

スプレーボトルに移し替えて使いやすくしておくといいでしょう。

マイクロファイバークロス

カーボディケアをするタオルやクロスは、それ自体傷をつけない素材でなければなりません。

ハウスクリーニングでも同じことが言えます。

特に、新築などそうです。

素材によっては、綿タオルでも傷をつける場合もあります。特に、乾いたタオルなどは要注意です。

洗車用のマイクロファイバータオルは、優れものでボディに傷をつけません。

家のお掃除用アイテムとして持っておいてもいいと思います。

ただし、マイクロファイバークロスでお掃除していても、
素材についていた汚れ自体が研磨剤の役割をしてしまうことがあります。

そして、そのまま拭き続けていると、カーボディであってもハウスクリーニングであっても、キズをつけてしまうことはあります。

泥だらけの車などは要注意です。いったん、どうにかして泥を落としたいですね。

ちなみにカー用品ではないですが、オススメのマイクロファイバークロスがあります。

それが、100均一ダイソーのマイクロファイバークロス。
マイクロファイバークロス

オススメなので、あちこちで宣伝してます。まったくダイソーの回し者でも何でもないのに。

コストパフォーマンス抜群です。

こちらの記事でも書いています。

数年前、Daisoから最強のマイクロファイバークロスが発売されました。

スポンサーリンク
ハウスクリーニングでも使用できる、カー用品アイテム
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事