洗面ボールやトイレの手洗いボールの排水溝、ここのカリカリ汚れ…どう落とす?

洗面ボールさぼったリング

これはトイレの手洗いボールの排水溝。この周りには、黄色くカリカリした汚れが成長します。

水道水のミネラル残留成分である水垢汚れです。

いわゆるトイレ便器のさぼったリングの手洗い部分版です。

トイレ掃除に伺うと、
トイレよりもここの手洗い部分のさぼったリングが気になるます、というお客様も多いです。

汚れに気づいて、スポンジなんかで擦ってもビクともしません。

そうなるとクリームクレンザージフの出番です。でも、クレンザーで磨く前に、もっと優しい取り方があります。

今回は、それをご紹介します。

スポンサーリンク

まさに優しい酸性洗剤の出番

酸性洗剤スティックス

これはリン酸ベースの酸性洗剤です。ピンク色をしています。
※購入時のボトルからホームセンターで購入できる小さいボトルに移し替えています。

これを、さぼったリングに直接かけます。

さぼったリングの水垢はアルカリ性なので、そこに酸性の洗剤を塗布することで、汚れを中和していきます。
塗布すると、シュワシュワーとカルシウム成分が溶け出すのがわかります。

そして1時間放置。

※通常は乾かないように湿布をしますが、この洗剤は乾かないので塗りっぱなしでOK!

赤パッドで擦る

擦ってみます。今回は赤パッドという道具を使用してみました。
擦るどうぐは、硬めのスポンジでOK。

これが清掃後です。わかりにくいですが、カリカリした汚れが落ちています。

キレイになったさぼったリング

ホームセンターに売っている耐水用サンドペーパーを使ってしますご主人がいますが、大NGです。

サンドペーパーは研磨力が強すぎです。
あっというまに汚れは落ちますが、素地も削ってしまっています。

洗面ボールさぼったリング~別の現場の例~

こっちのほうが、はっきり汚れがわかりますね。これも上と同じ現象です。水道水のミネラル分(カルシウム、マグネシウム)が固まった汚れです。洗面ボール排水溝回りの汚れ

上と同じように、リン酸ベースの酸性洗剤を塗って1時間ほど放置です。

※さぼったリングには塩酸の方が効果が高いのですが、その内側のステンレスの輪っか。塩酸はこれを黒く変色させてしまいます。100%です。ですので、使用不可なのです。
写真ではわかりにくいですが、シュワシュワーとなっている最中です。

酸性洗剤

1時間ほど待ちました。

リン酸ベースの洗剤を塗って放置した後に、硬めのスポンジや歯ブラシで擦ってみます。落ちなければ、クレンザーを併用します。

落ちなければ、これを繰り返します。
歯ブラシとクリームクレンザー

すっきり落ちました。

↑文字で書くと一行ですが…

でも、実はかなり苦労しました。洗面ボールさぼったリング

ここは、水が溜まりやすいです。

使用した後に毎回水分を吹き上げれば汚れないのですが、なかなか現実的ではありませんね。

酸性洗剤の代用品

今回はリン酸ベースの洗剤を使用しましたが、これは業務用ですので市販では売っていません。
※業務用ですが、一般の方でも購入できます。

こちらのページに今回使用した酸性洗剤:スティックスの情報を載せています。
酸性ですので、使用には注意してください。誤って床にこぼしたりしないように。

酸性洗剤『ベトコのスティックス』について

市販では、

クエン酸を購入し、水に溶かし代用品として使用できます。
ただし、クエン酸水は乾きやすいので、塗った後にサランラップで湿布しましょう。

洗剤は乾くと効果がありませんから。

ただし、プロのおそうじ屋として正直な意見を書くと、

このようなカリカリ汚れにクエン酸はパワー不足です。カリカリしてしまった汚れはクエン酸水では落としきれないと思います。

クエン酸が活躍するのは、目に見える前段階の水垢汚れです。きつい場合は、やはり業務用の酸性洗剤が効果的です。

そして、業務用と言っても、一般の方でも買える洗剤は多々あります。

一般の方では買えない洗剤は、いわゆる劇物扱いの薬品を含んだ洗剤です。

塩酸、フッ化水素、苛性ソーダ、このあたりの薬品そのものや、薬品濃度が高い洗剤は購入できません。

おそらく、販売先に業者さんですか?と確認されます。また、購入者情報を提示しなければなりません。印鑑も必要ですから。

スポンサーリンク
洗面ボールやトイレの手洗いボールの排水溝、ここのカリカリ汚れ…どう落とす?
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事