現役ハウスクリーナーが書き下ろす、キッチン、レンジフードの頑固な油汚れの落とし方!

キッチン周りの油汚れの落とし方

キッチン周りのギトギトの油汚れ。

お掃除しなければいけないけど、油まみれになるし気がすすまないですね。

魔法使いの様に、えい!とタクトを振りかざすと一瞬でキレイになる♪

残念ながら、それはムリです(^^;)

我々プロのハウスクリーナーの仕事もなくなってしまいます(^^;)(^^;)(^^;)

こちらのページでは、プロのおそうじ屋である私が、油汚れのおそうじ方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

まずは、カードやヘラで、こそぎ取ってしまいましょう。

誰もが思いつく事ですが、重要なことです。

ヘラでレンジフードの油汚れを落とす

これは、レンジフードの積み重なった油汚れを樹脂ヘラで取り除いている所です。

ヘラで油汚れ落とす

ごっそり取れますね。

いきなり洗剤を使うと、レンジフード素地までたどり着くのに余計な時間がかかってしまいます。

あらかじめ、ヘラで取れそうな汚れはヘラで対応しましょう。

注意! 古いレンジフードなどの場合は、油と一緒に塗装も取れてしまう場合があります。これは、油と塗装が同一化してしまっているためです。

油汚れに効果的な洗剤はなに?? 重曹と、セスキ炭酸ソーダの違い。

今、流行りのナチュラル洗剤。

油汚れ落としには、重曹と、セスキ炭酸ソーダが効果的です。

重曹とセスキ炭酸ソーダはアルカリ性の性質をしています。

油汚れは酸性の性質をしており、そこにアルカリ性の性質を持つこれらをぶつけることで、中和して溶かしていくという原理です。

セスキ炭酸ソーダ

どちらがオススメかというと、後者のセスキ炭酸ソーダの方が効果的です。

理由は、重曹よりセスキ炭酸ソーダの方が、よりアルカリ度が高いためです。また、より水に溶けやすいという性質もあります。

重曹が取り上げられている理由は、重曹はクレンザーとしても使えるためです。

また、油汚れ落としをより効果的にすすめるために絶対に覚えておくべき重要なポイントがあります。

お湯です。

油汚れは温度が高い方が溶けやすく、拭き取りやすいです。なんとなくイメージでわかりますよね?

ですので、セスキ炭酸ソーダは液体売りではなく、粉末売りで購入し、50℃くらいのお湯に溶かして使用します。

洗剤を直接汚れに吹きかけることはあまりしません。

我々プロのお掃除やは、スプレイヤーを使って洗剤を直接汚れに拭きかけることはあまりしません。

どうするかというと、

タッパーに洗剤を作ります。

タッパーに作った洗剤

これに刷毛やスポンジをひたし、気になる部分に塗っていきます。

または、スプレイヤーにつくった洗剤を、油汚れに拭きかけるのではなく、刷毛やスポンジ、雑巾(クロス)に拭きかけます。それを油汚れに塗り広げていきます。

スポンジに洗剤を拭きかける。

洗剤を直接汚れに拭きかけるのではなくて、スポンジや雑巾のほうに拭きかけ、汚れにアプローチしていきます。

これにはわけがあり
1、スプレイヤーで洗剤を拭きかけると、対象でない部分にもかかってしまう。
2、スプレイヤーで洗剤を拭きかけると、霧状になった洗剤分を吸ってしまって、むせる。
3、スプレイヤーで洗剤を拭きかけると、液だれして、そこだけ色抜けしてしまう。

というトラブルを防ぐためです。

油汚れ落としは、夏の時期にやる。

これもなんとなくわかると思いますが、油汚れも気温により硬さが多少ですが変化します。夏になると油がポタポタと落ちる現象も多くなります。

日本は冬の時期に大掃除をする文化がありますが、油汚れにかぎらずオススメではないです。

油汚れを効果的に落とすスポンジ類の話

油汚れを落とすのに必要な洗剤とともに、こする道具も必要ですね。

今は、いろんなスポンジ類がでまわっていますが、どれを購入、使用すればいいのか迷うところです。

お掃除する素地によって、擦るスポンジを変える必要があります。

ヤマハのレンジフードたとえば、レンジフードの表面などは、できるだけやわらかいスポンジを選択する必要があります。理由は、塗装が弱い場合が多く、強いモノでこすると剥げ剥げになることがあります。

やわらかいスポンジと一言で言っても、たくさんの商品がありますね。理想を言えば車のボディを洗っても傷がつかないようなものだといいです。

スポンジ類を使用せず、直接クロスに洗剤を拭きかけてそのまま吹きあげてもいいですね。

キッチンの天板などは人工大理石やステンレス素材が多いです。

この場合は、もう少し強いスポンジを使用しても構いません。その方が、効率よくお掃除できます。

プロは油落としにどのような道具を使用しているのか?

一般の方のおそうじ方法と、プロのおそうじ方法で決定的な違いは?

それは、洗剤の違いです。こする道具の違いもありますが、それよりも洗剤の違いです。

重曹、セスキ炭酸ソーダといったナチュラル洗剤では、頑固な油汚れを落とそうと思ったらパワー不足というのが正直なところです。

ここで、一つオススメの油落とし用洗剤をご紹介します。

天然ヤシ油を主成分とした「多目的洗剤ピア」という粉末洗剤です。

アルカリ洗剤 ピア

多くのプロのお掃除屋さんが愛用しています。

↑写真のタイプで¥2,700/1㌔ほどします。高価ですが、これ一つあれば1年は持ちますのでコストパフォーマンスは良いと思っています。

これを、重曹やセスキ炭酸ソーダの代わりとして使用します。

ですので、基本的にはお湯に溶かして使用します。温度が下がると洗浄力も探しますので、作り置きはオススメしません。お掃除する時に、その都度使用して下さい。

重曹の様に、クレンザーとしては使用できません。

安全な洗剤であるのに、非常に洗浄力が強いです。私も、欠かさず持ち歩いています。無くてはならないおそうじアイテムの一つです。

注意!安全と言っても、アルカリ洗剤です。床にこぼしたり、濃度の濃い状態で金属に使用すると変色する現認にもなりますので、他の洗剤同様、十分注意して下さい。

どこにでも使用できるおそうじアイテム サッシノミという道具

最強のおそうじ道具

こちらの道具も一つ持っておいてもいいと思います。ホームセンターで¥500ほどで購入できます。

キッチン、レンジフードに限らず、お掃除をするにあたりスミの汚れに対して効果を発揮します。

これに、雑巾(クロス)あてがい掃除していきます。これも、プロのお掃除屋さんにはなくてはならないアイテムです。

まとめ

キッチンやレンジフードの油落としには、洗剤の力と擦る道具の力、二つの力が必要です。

擦る道具は、プロの道具もそれほど特別なものではありませんが、洗剤は、安全でよりパワーのあるモノをチョイスするといいと思います。

また、古いレンジフードなどは、油と塗装が一体となってしまっているモノもあります。油汚れを除去しようとすると、塗装も一緒に取れてしまいます。

油汚れは酸性の性質をしており、素材を痛めます。あまり長く放置しないように、こまめにおそうじしましょう。

スポンサーリンク
現役ハウスクリーナーが書き下ろす、キッチン、レンジフードの頑固な油汚れの落とし方!
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事