おそうじのプロが、ガスコンロのお掃除方法を徹底公開いたします!

ガスコンロのおそうじ方法

ガスコンロのおそうじ方法

ガスコンロは毎日使用する場所。でも、毎回おそうじをするのも億劫なので、どうしても汚れがたまりがちです。

しかも、五徳や五徳に近い位置に付着した食品カスや油汚れなどは、炭素化し非常に硬い汚れとなります。

炭素化した塊は、強力な洗剤でも溶けることがないので、「剥す」というおそうじ方法になります。

こちらのページでは、プロのお掃除屋である私が、ガスコンロのおそうじ方法を徹底公開いたします。

一部の汚れには、私が使用している業者向けの洗剤情報も公開します。ですが、それらの洗剤を床にこぼしたりすると、変色、変質の原因となりますので使用には十分注意して下さい。

スポンサーリンク

使用する洗剤と、道具

ガスコンロの汚れは、食品カス、油汚れ、焦げ汚れとなります。

食品カスや料理中に飛び散った汚れ。雑巾拭きなどで取れる汚れです。

油汚れは、料理中に飛び散った油汚れです。

焦げ汚れは、料理中に拭きこぼれた水分、油などが、ガスコンロの高温で固まってしまった汚れです。

洗剤は、2種類必要です。

①ひとつは、油落とし用の洗剤。

例えば、市販だと、油落とし用マジックリンが代表的です。その他、今流行りのナチュラル洗剤だと、重曹、セスキ炭酸ソーダあたりです。油汚れは温度が高い方が落ちやすいので、50℃くらいのお湯に溶かして使用します。

油汚れ用マジックリン

②もう一つは、焦げ落としようの洗剤。

一部のブログには重曹などがオススメとしてありますが、パワー不足でまったく落ちないと思います。

業者向けの洗剤として販売されていますが、「日本マルセル オレンジクリーナー」がオススメです。実は、これは油汚れも落としてくれます。上に油落とし用の洗剤が必要と書きましたが、これが手元にあるのなら、これ一つでもOKです。

焦げ落とし用洗剤

市販では売っていませんがネット検索すると見つかるとおもいます。

オススメの道具がこちら。

①ハイブリッドスポンジ

これは、ガスコンロの天板やきつい焦げになる前のちょっとした焦げ汚れに最適です。市販のスポンジでホームセンターや薬局などどこにでも売っています。

油落とし用スポンジ

②ステンレススポンジ

これは、五徳の頑固な焦げ汚れを落とすのに使用します。五徳のコゲには金ダワシが効果的です。ですが、金ダワシは平坦で広い面積の汚れにはいいですが、五徳のような入り組んだ細かい部品にはむきません。

その代わりとなるのが下の「コゲ取りスポンジ」です。ステンレスが埋め込まれています。しかも100円均一で購入できます。

焦げ取り用おそうじ道具

パッケージから出してしまいましたが、キッチングッズに陳列されています。

五徳のコゲ汚れ落としに抜群の効果を発揮してくれますが、擦る道具としては最終手段としてください。

③金属へら

これは、五徳のコゲを落とすのに使用します。こちらに公開しましたが、危険な道具です。何が危険かというと、先端についているのはカッターの刃です。(下の写真ではカバーをしてありますが。)他にも同じような効果の物があり、「スクレイパー」などと検索すると出てくると思います。

ガラスケレン

これは、メインはガラスの汚れを落とすのに使用する道具です。五徳向きではありません。使用中にはうっかり皮膚を切ることもあります。

おそうじ方法~五徳のおそうじ

油で汚れた五徳

五徳のおそうじ方法ですが、

①まずは金属ヘラで取れる汚れを剥してしまいます。
※使用には十分注意して下さい。

②オレンジクリーナーをタッパーに少量とりわけます。
その後、刷毛などでで五徳に塗り込みます。

③洗剤分が乾かないように数時間待ちます。
これは、例えば「ビニル袋に入れる」「バケツに入れ、上に何かでふたをする」などの工夫が必要です。

ガスコンロのおそうじ方法

④その後に、ハイブリッドスポンジや、ステンレススポンジで擦ります。
面白いように取れると思います。

落ちなければ、①~④を繰り返してください。

キレイになった五徳

キレイになりましたね。新品に戻った五徳は、ツヤツヤです。

おそうじ方法~天板のおそうじ~

ガスコンロの汚れ

天板のおそうじ方法ですが、3つのコンロ周辺が大変ですね。

ここは同じように、重曹や油落とし用マジックリンを塗り込みます。やはり乾かしたくないので、上からサランラップやビニルをかぶせます。数時間待ちましょう。

その後に、ハイブリッドスポンジで擦りましょう。細かい部分は歯ブラシも有効です。

ガスコンロのトップ板

オレンジクリーナーの方が有効ですが、オレンジクリーナーを使用する場合は、湿布法は注意して下さい。もしかしたら、天板になんらかの変質がある可能性もあります。

話が脱線しますが、天板は外せることできます。

天板は、外せるタイプもあります。↑上の写真の天板はテクニックが必要なので、ムリしないでください。

↓下の写真のタイプは、容易に外せます。というか、カバーが乗っかっているだけのもありました。一昔前のタイプのガスコンロです。

ガスコンロのおそうじ方法

最近のガスコンロ天板は、ネジ止めしてあったり、その他にも金具で固定されていたりと、容易ではありまん。

もし外せた場合は、お掃除後に水で流せるので、拭き取りが楽です。大きいので、外やベランダで洗うのも一つの手です。

ガスコンロ天板

しかも、キッチンワークトップとガスコントの隙間に入り込んだ汚れも簡単に落とせます。ここの汚れは食品カスや柔らかい油汚れがメインなので、水拭きだけで簡単に落ちますよ。

ガスコンロ天板との隙間汚れ

まとめ

ガスコンロのお掃除には、適切な洗剤と道具が必要です。

ひどくなってしまうと、ステンレススポンジがとても有効です。ですが、顕微鏡レベルでみると、やはりこすった磨きキズはどうしても入ります。

そこに汚れが入り込むと、次回は少し同じ方法では落としにくくなります。

ですので、理想は

ハイブリッドスポンジで落ちるとベストです。

オレンジクリーナーも、天然成分で出来ていますので人体には安心ですが、塗装がしてあるような部品は、塗装を痛める可能性もあります。

ガスコンロ以外にも言えることですが、汚れをため込まず、できるだけこまめにお掃除して下さい。

その都度お掃除される方は、雑巾で十分です。数日に一度お掃除される方は、ハイブリッドスポンジで十分です。

月に1度お掃除されるからは、キッチン用マジックリン(油落とし洗剤)が必要になってきます。

焦げが気になったら、オレンジクリーナーが効果的です。

金属ヘラ、ステンレススポンジは汚れがひどくなったガスコンロ向けとお考え下さい。

キレイになったガスコンロ

※オレンジクリーナーですが、同じ名前の商品はたくさん出回っています。

「日本マルセルのオレンジクリーナー」です。

追記…

こちらの、リンレイのウルトラハードクリーナーという洗剤ですが、非常に油汚れ落ちがいいです。焦げ汚れにも一定の効果があります。

ホームセンターで売っています。

このサイズで¥1,200ほどするので、購入にためらいますがオススメです。

スプレータイプですが、ふたを開けて中の液体をタッパーにとり使用します。

強さの位置づけとしては

重曹 < マジックリン < ウルトラハードクリーナー < 日本マルセルオレンジクリーナー

です。

個人的な感覚ですが、私が過去に使用してきた中では、市販の油落とし用洗剤の中では、一番強力だと思います。

スポンサーリンク
おそうじのプロが、ガスコンロのお掃除方法を徹底公開いたします!
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事