プロのおそうじと、奥様のおそうじの違い。

プロと素人のおそうじ方法の違い

とても生意気なタイトルですみませんm(__)m

この記事は、我々プロのハウスクリーナーと、一般のおくさまのおそうじレベルの違いについて書いてみたいと思います。

お掃除レベルの違いになるのは、知識の多さと、経験量です。

読んでいて、お気を悪くされる表現も多々あるかもしれませんm(__)m

へ~、へ~くらいに読んでください。

スポンサーリンク

プロのお掃除知識は引き出しがいっぱい

我々はお掃除をしてキレイにしてお金をいただいています。

おそうじ=汚れを落とす=仕事です。

家事で奥様がお掃除をする場合は、落ちなくてもどこかからクレームが来ることはありませんね。一昔前なら…強いて言えば、ご主人から不満があるかもしれませんが、今の時代、だったら自分でやれよ!みたいな風潮もありますが(笑)

プロはキレイにしないとお金をいただけません。ですので、お掃除の勉強をします。

お掃除の勉強は、科学の勉強でもあります。

汚れを落とすのには、ゴシゴシこすって物理的に落とす前段階として、洗剤の力を使って汚れをゆるめなければなりませんから。

汚れの性質、洗剤の性質を勉強します。そして、毎日実践勉強します。

プロは毎日勉強できる

洗剤情報などの知識を得るには、今はネット上でいくらでも得れます。

プロは得た情報を毎日実践することができます。しかも、いろいろなお宅に伺うので、いろいろいな状況、バリエーションにも対応できるようになります。

情報を得ても、頭の中にしまっておくだけでは、レベルは上がりません。自分で実践して、実証していくのです。

洗剤知識の豊富さ

「油落とし用洗剤」と聞くと、油落とし用マジックリン、重曹など容易に思い浮かぶと思います。

では、「さび落としよう洗剤」と聞くとどうでしょう?ぱっとは思い浮かばないとおもいます。

プロはこのあたりもさっと思い浮かびます。

実際に落とせることができるかどうかは別として、いろんな種類の汚れに対して、この洗剤が効くだろうな と推測できます。

おそうじ道具集

これは私のおそうじ道具の一部です。主にキッチンや浴室などの水回りのおそうじに使用する洗剤とスポンジ、ブラシ類です。

プロのおそうじ道具

奥様のおそうじ道具は、マイクロファイバークロス、重曹(アルカリ洗剤)、クエン酸(酸性洗剤)、カビキラー、こするスポンジ、ツインブラシ、歯ブラシなどが主流だと思います。

プロもこれらの道具は使用します。その他に、奥様が思いつかない道具をご紹介していきます。

洗剤を塗り込んだり、汚れを書き出したりするときに重宝する「刷毛」

ガーデニング刷毛

刷毛はプロのお掃除屋さんにはなくてはならない道具です。もしこの世から刷毛ががなくなったら、掃除屋さんを廃業するかもしれません(^^;)

指でははいらない細かい部分の汚れを雑巾をあてがって使用するサッシのみ

最強のおそうじ道具

これも、常に携帯しているお掃除道具です。

これ単体では使用しませんが、この先に雑巾やマイクロファイアークロスをあてがって使用します。指では入りにくい細かい部分のお掃除に使用します。

プロのお掃除テクニック

優れた洗剤や、おそうじ道具を持っていても、効果的に使えなければ意味がありません。

汚れを落とすためには、やみくもに洗剤を塗ればいいわけでもありません。

・水に溶かすのではなく、お湯に溶かす
・スプレイヤーで対象物に拭きかけるより、一度タッパーに小出しして、そこにスポンジを浸し塗布していく。
・スポンジで塗布するよりもブラシで塗布する
・汚れを見極め、洗剤のチョイス。

などなど。

外せる部品は、はずすのがプロ(分解おそうじ)

とくにレンジフード清掃などに言えることですが、上を向いてのお掃除はプロでもきついです。ですので、できるだけ分解してお掃除します。

そして、どこまで分解する技術を持っているかで、プロのお掃除人の中でも、レベル分けされます。

外した部品

シャワーホースを用意すると効率よくお掃除できる

お掃除では水を使用します。常に水が使用できる(シャワーホースなどを活用)状況を用意しておくと、効率よくお掃除できます。

私が一般のお宅に伺ってお掃除をするときも、かならずどこかからホースを引っ張ります。

水栓アタッチメント

これだけの接続部品を用意しているので、室内のどこかからホースを引っ張れます。

このあたりのシャワーホースの引っ張り方は、別で書いていますので、参考にして下さい。

シャワーホースのつなぎ方テクニックをご紹介。パート1

お掃除手順も大切なテクニックの1つ

浴室清掃ひとつにとっても、お掃除箇所の順番や使う洗剤の順番があります。

簡単な汚れはアルカリ洗剤で先に落としておいて、残ったよごれを酸性洗剤で落としていく。逆にすると、二度手間になったりしますから。

このように、お掃除も順番があります。簡単な部分としては、柔らかい汚れから硬い汚れへ。上から下へ。奥から手前へ。です。

プロは付け置きを多用する

我々プロは、一度にたくさんのお掃除場所をお掃除するケースがあります。

ですので、時間がとられるようなこすり洗いは避けます。洗剤の力で汚れを浮かし、水シャワーで一気に汚れを流します。

キッチンや浴室のシャワーでは、水圧が弱いですが、シャワーホースを利用することで、水圧を調整できますから。時短です。

これは、浴室、キッチンの排水溝部品をバケツに入れ、そこに少量のキッチンブリーチを入れています。数時間したら、部品を取り出し、一気に流して行きます。キレイになった部品

これは、レンジフードのフィルターを大き目の容器に入れ、アルカリ洗剤で付け置きする所です。付け置きして油汚れを緩めている最中に、別の作業をしまうす。レンジフードフィルターのおそうじ方法

プロは傷をつけない

仕事で伺うお宅の浴室の壁が、磨きキズでガサガサという事がたまにあります。

皮肉なことに、お掃除好きな奥様ほどこのようにしてしまう傾向があります。

こするスポンジが強すぎるのです。

プロは自分のお宅ではなく、お客様のお宅のおそうじをしますから、失敗は許されません。強いモノで擦るの、それを使わないと落ちないような最終手段です。基本的には、やさしいスポンジから使用していきます。

こちらのお掃除での失敗事例を載せていますので、興味がある方は見てみて下さい。
おそうじ失敗写真集

プロはおそうじレベルを落として、教えることが難しい。

これは余談なんですが…

どいういう事かと言いますと、お客様から汚れの落とし方を効かれると返答に困ります。

というのは、我々は業務用の洗剤や道具を使用していることが多いです。それらを使ったアドバイスができれば返答は楽なのですが、奥さまが使用する洗剤や道具は市販品が多いですね。

プロが使用する道具は、市販品では手に入りにくいです。ですので、使用する洗剤、道具が違いますので、教えにくいのです。

また、今の時代、奥様でも業務用の洗剤はネットショップで購入できます。
ただし、積極的にお勧めはできません。
間違った使い方をすると、変色、変質の原因になったりします。

奥様におそうじ方法を教える場合は、我々プロよりも、お掃除が得意な奥様が教える方がわかりやすく教えられると思います。

脱線話、失礼しました。

まとめ

いかがでしょう。

これがプロのお掃除屋です。

もっている道具や洗剤の種類の多さ。

見ただけで汚れの種類を見極め、それを落とす事の出来る適格な洗剤のチョイス。

使用する洗剤や道具の力を効果的に発揮させるテクニック。

毎日が勉強の仕事だからこそ、常にレベルアップしていきます。

スポンサーリンク
プロのおそうじと、奥様のおそうじの違い。
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事