【キッチンのシンク回りのお掃除方法】酸性とアルカリ性、両方の洗剤が必要です。

キッチンのシンクは毎日使用する場所。

食べ物カス、人の手垢の菌類、水垢など様々な汚れが繁殖する場所です。

それぞれ、どのようなお掃除方法が効果的か、プロの掃除屋である私がこのページでお話します。

※毎日お掃除するような日常清掃ではなく、大掃除の時や数か月に一度の本格的なおそうじをするときのお掃除方法について書いていきます。

キッチンシンク蛇口周りの、茶色いカリカリした水垢汚れはやっかい。

奥様に「シンク回りで困っている汚れはありますか?」と問うと、断トツでこの蛇口の付け根部分の汚れを気にされる方が多いです。

じゃぐちの付け根のカリカリ汚れ。蛇口の付け根のアップ写真

ここは、水道を使用した後に、残り水が蛇口を伝ってたどり着く場所。ですので、「濡れて乾いて」を繰り返す部分。

このカリカリは、水道水に微量に含まれるカルシウム、マグネシウムなどの鉱物(ミネラル分)が乾いて固まった汚れです。

歯ブラシでのお掃除が容易に思い浮かびます。

カビや雑菌などのぬめり汚れは歯ブラシだけでも簡単に落ちますが、はぶらしで取れなかった汚れがこの茶色い水垢(カリカリ汚れ)です。

ネット検索で、「シンク 蛇口の付け根の掃除方法」と検索すると、
・クエン酸を湿布する
・重曹をクレンザー代わりに使用する、
などナチュラル清掃の分野でたくさん記事があります。

どれも正解ですが、いまいちはっきりとした効果が得られず、パワー不足を感じるでしょう。

そこで効果的なのがリン酸系の酸性洗剤です。

ホームセンターや薬局などの市販品でもあります。また、このご時世ネットでいくらでも買えます。

おすすめは、茂木和也のお風呂用という洗剤です。(リン酸とクエン酸がまざった洗剤洗剤)

リン酸系の洗剤を塗り込むとシュワーと水垢から発砲するのがわかります。

しばらく時間を歯ブラシで擦る…これを繰り返すことでバッチリ落ちます。キレイになった蛇口のアップ写真

蛇口の付け根のお掃除方法については、下記ページでも書いていますので参考にして下さい。

【作業事例】キッチンシンク蛇口の付け根のカリカリした汚れ
シンクや洗面化粧台の蛇口の付け根はカリカリとした硬い汚れが目立ちますね。この汚れを落とすには専用の洗剤が欠かせません。なかなかおうちの方が落とそうと思っても難しい汚れです。

シンク排水溝部品のお掃除方法について

排水溝のグレーの網皿。これは、キッチンブリーチにドボ付けします。キッチン排水溝の網皿

その後に蛇口をシャワーモードにして流すと簡単に落ちます。

これに関しては、下記ページで書いていますので参考にして下さい。

【排水溝部品のお掃除方法】汚れた部品はキッチンブリーチにドボ付けする。
浴室や、キッチンの排水溝の部品。 黒カビやぬめり汚れで来たならしくなります。とくに、溝がいっぱいあったりすると、掃除が大変ですね。 そんなときは、キッチンブリーチを使用すると、すぐに落ちます。 ※名前はちがいますが、キ...

金属をブリーチに漬け込むと良くないとありますが、確かにそれも言えます。

ただし、ものすごく濃度を濃くした場合に限りますので、100倍で薄めたブリーチなら問題ありません。

シンク全体のお掃除方法について

まずは、簡単に落ちる汚れを落とします。食べ物カスや、シンクに生えたカビ、人の皮脂汚れなどです。

毎日お掃除しているような奥様であれば、食器洗い用の洗剤を使用して、どこにでもあるスポンジなどで落ちますね。

それでは落ちない汚れは、キッチン用のマジックリンや、オレンジクリーナーなどの弱アルカリ性の洗剤をタッパーにとりわけ、そこに50℃のお湯を足し、洗浄剤とします。

そして、全体に塗り込み、5分ほど待ち、その後に少し硬めのスポンジで磨いてみましょう。

このスポンジは、どこにでも売っているこのようなスポンジでいいです。ハイブリッドスポンジといいます。

 

これで、残った汚れは酸性洗剤でしか落ちない汚れです。なんとなくモヤモヤしていますね。
清掃前のキッチンシンク

僕がこれを掃除するとしたら、やはりリン酸系の洗剤を塗っておいて、水垢を緩める。

その後に、愛用しているリン酸系のクレンザーで擦っていくという手順です。

市販品なら、ハイホームですね。

磨きこんでいくと、新品の時のような輝きに戻ります。ただし、ものすごく時間と指が痛くなりますよ。
磨いたシンク

毎日こんなことはしてられませんが、大掃除の時などにいいですね。

※一部、タカラスタンダード製のシンクなどは表面に細かい凹凸があります。凹の部分に汚れが入り込んで、硬くなるとかなり厄介です。

※一部、デュアルコートと呼ばれる特殊なコーティングをしてあるシンクがLIXLから発売されています。それには、クレンザーはNGです。

洗剤の使用は自己責任でお願いします。

まとめ

シンク回りの汚れには、アルカリ性、酸性の両方の洗剤が有効です。

商品カスや、油汚れは酸性の性質をしていますので、アルカリ性の洗剤で中和して落としていきます。

カリカリした汚れや、白い水垢は、アルカリ性の性質をしていますので、酸性の洗剤を塗り込み中和して柔らかくして、その後にクレンザーで磨いていきます。

また、酸性洗剤はリン酸系が有効です。

リン酸にはステンレスを明るくする化学反応もありますから、ステンレス製のシンクにはもってこいです。

※洗剤の使用は自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました