【エアコンクリーニング日記】名古屋市北区で三菱エアコン分解洗浄の様子です。

今回は、名古屋市北区で三菱霧ヶ峰のお掃除ロボットエアコンの分解洗浄をしてきた時の様子をご紹介します。

今回も戸建てでしたので、本体は壁にかけたまま、ファンやドレンパンの外した部品は外スペースで洗いました。

三菱霧ヶ峰のエアコン分解クリーニング

このタイプです。2017年製です。

三菱製品は壁にかけたままでもいろいろメンテナンスできる設計になっているので、分解も楽にできます。

おすすめのエアコンメーカーが三菱電機の霧ヶ峰である3つの理由。
エアコンを買い替える時には、ネットで調査し、家電量販店に出向きますね。まだどのエアコンメーカーにしようか迷っている段階では、お店のスタッフが進めてくるエアコンを買ってしまいます。ですが、そのスタッフはメーカーの担当者だったり、無...

フィルターは自動で掃除してくれるはずですが、リビング設置のエアコンは料理中の油で汚れます。

こうなると自動ではキレイになりません。いったん取りはずして洗う必要があります。

これが内部です。まさにロボットエアコンという名にふさわしい外観ですね。

これらの中から、外せるものをどんどん外していきます。

電気部品のコード類を外したりしますから、写真をりながら進めます。戻す時に戻しやすいように、という理由です。

これが内部の汚れです。拭き立ち口からパシャっとしてみました。今回はすごそうです。

…。

…。

…。

やはりすごいです。

なんというか、カビが成長してキノコみたいになっていますね。

これは洗いがいがありそうです。

いろいろ外した本体はこのように養生していきます。

そして高圧洗浄します。

高圧洗浄と言っても業者さんによってやり方はいろいろです。

・洗剤の噴霧もその後のすすぎも高圧洗浄機を使用。

・洗剤の噴霧はスプレイヤーや、動力噴霧器、すすぎのみ高圧洗浄を使用。

といった具合に。

うちは、洗剤の噴霧もすすぎも高圧洗浄機を使用します。

手間はかかりますが、断然キレイになります。

外したファンを外で洗っている所です。

バッチリきれいにできました。

ファンが汚れると、もう我々業者しかキレイにできません。

お客様の中にはご自分で、吹き出し口から綿棒などでキレイにしようと試みる方がいますがお勧めできません。

というかやらない方がいいです。

綿棒では中途半端にしかキレイにならず、取り切れなかった汚れがファンの回転とともに降ってくるようになりますから。

絶対にやってはいけないエアコンの掃除方法。
このページでは、絶対にやってはいけないエアコンのおそうじ方法について書いていくよ! 夏になり、エアコンを久々に運転してみると、なにか様子が変だ。 …カビ臭い。 …すっぱい。 …生臭...

このあと組み立てて試運転をして終了です。

タジマクリーンサービスのエアコン料金ページに行ってみる

タイトルとURLをコピーしました