酸性洗剤『ベトコのスティックス』について

ベトコのスティックス

ハウスクリーニングの世界では、酸性洗剤、中性洗剤、アルカリ洗剤という洗剤が存在します。

アルカリ性の汚れには酸性洗剤をぶつけて中和していく
酸性の汚れにはアルカリ洗剤をぶつけて中和していく

これが基本です。

住まいの汚れでアルカリ性というと、水回りに発生する、白~茶色いろのカリカリした汚れを指します。これらは、水道水に含まれるミネラル分が少しづつ固まった汚れです。

このページでは、アルカリ性の汚れに対してスティックスという酸性洗剤が効果的なのでそのお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

こちらのページでは、『ベトコのスティックス』という酸性洗剤が、ハウスクリーニングの現場ではどのように活躍するかをご紹介します。

【購入先】
ネットで検索すると、さまざまなサイトで売っています。

【料金】
946ml およそ¥600前後

【洗剤の特徴】
★ピンク色をした洗剤で、かなり粘質である。

★アルミやステンレスなどの金属を光らせる。

★酸性の性質で、対象物を変質、腐食させるケースがあるので、取り扱いに注意!
(例):浴室のグレーや濃淡床に使用すると白っぽく変質するケースあり。
床以外でも、注意が必要。

★酸性洗剤のため、木材を腐食させる。もし、フローリングなどにこぼしたら、すぐにふき取る事。

★特に皮膚が健康の人なら、指先程度につくくらいなら問題ない。

★使用用途…水回り設備のカリカリした汚れに効果的。
(例):キッチン、洗面台、トイレ手洗いタンク、の蛇口の付け根のカリカリした汚れ。
:水回りの蛇口のノズル。
:蛇口のメッキ部分。
:浴室ドア下の、通気口のカリカリ汚れ。

購入したボトルのままだと使用しにくいです。ホームセンターで売っている小分けできる小サイズボトルに移し替えて使用すると、使い勝手がいいので、オススメです。スティックス

キッチンの蛇口の付け根のカリカリした汚れをスティックスで除去する。

キッチン蛇口のカリカリした汚れ

キッチンや洗面化粧台の蛇口の付け根にカリカリした汚れが見つかりませんか?

これは、水道水に含まれるミネラル分が固まった汚れです。いわゆる水垢です。

これは、アルカリ性の汚れなので、酸性であるスティックスを塗っていきます。

1時間ほど放置し、その後に歯ブラシで擦ります。

これで、ばっちりです。

一度で、落ちない場合は、これを繰り返してください。

※スティックスはリン酸を含んだ酸性洗剤です。大半のシンクには使用しても問題ありませんが、一部のシンクに使用すると洗剤を塗布した部分が変色する場合があります。目立たない場所でテストして下さい。また、自己責任でお願いします。

【他の使用例の記事】

★『ベトコのスティックス』で洗面台の黒いシャワーヘッドの汚れ落とし

スポンサーリンク
酸性洗剤『ベトコのスティックス』について
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事