【作業事例】一宮で玄関タイル目地の補修とカラーセメント着色作業の様子。

スポンサーリンク

玄関床の多くは、タイル建材を使用しています。

マンションも戸建てもどちらもそうですね。賃貸物件などは、タイルではなくプリントシートを使用している場合もあります。

タイルの場合は、目地があります。

昔の職人さんは、目地の施工は上手です。何十年経っても劣化しない場合もあります。

ですが、昨今の目地は汚れやすかったり、欠けたりします。

そういった場合、一気に見た目が悪くなりますね。

目地は、おそうじではキレイにならない場合がほとんどです。

では、どうするのか?

上から新しい目地を塗ってしまいます。

はみ出ないように筆で塗る。

これで、改善する場合があります。

こちらのページでは、実際にお客様宅で施工した、カラー目地セメント塗りの様子をご紹介します。

愛知県で玄関エリアの床上タイル目地の補修とカラーセメントを着色施工した時のお話です。

愛知県一宮市の一戸建てで、玄関エリアの床上タイル目地の白色カラーセメントを施工、上塗りしてきました。

こちらが、施工前です。
玄関タイルの汚れた目地

クリーム色のタイルに真っ白色の目地です。
写真左エリアの目地が、ところどころ茶色く色づいています。
右側は、歩かないので、キレイなままです。

施工中。

カラーセメントを施工中

白色カラーセメントを着色し、タイルにはみ出たセメントを除去しています。

塗るのは難しくありませんが、この余分なセメント除去の作業が時間が掛かります。
※目地以外を養生して、施工する方法もあります。

施工後です。

カラーセメント施工後

真っ白な目地に生まれ変わりました!

メーカーによると、耐久性は10年近くということですが、屋内か屋外かで、ずいぶんと変わってくると思います。
こちらは、基本的には薄く上塗りなので、汚れたら再度塗り直し可能です。

タイルがきれいでも、目地が汚れていると、全体的な印象としては汚く見えます。
タイルもキレイにしたら、目地もキレイにしましょう。
目地をクリーニングできれいにするには限界があるので、このようなカラーセメントで上塗り施工があります。

関連記事
【作業事例】一宮で玄関タイル目地の補修とカラーセメント着色作業の様子。
この記事をお届けした
タジマクリーンサービスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク